「VIO脱毛をしたいけれど迷っている」という方に理由を聞くと、一番多いのは痛みに関する不安です。そして、それと同じくらい多いのが「恥ずかしくてムリ」という意見。こちらはかなり切実ですよね。

そこで本ブログでは、VIO脱毛の恥ずかしさについてみていきたいと思います。

VIO脱毛が恥ずかしい理由とは?よくあるエピソードを紹介

VIO脱毛が恥ずかしい理由とは?よくあるエピソードを紹介

恥ずかしさがあってVIO脱毛に踏み切れないという方は少なくないですよね。実は私も施術前はそう思っていた一人なんです。私も含め多くの人がどこに恥ずかしさを感じているかといえば、次の3点にまとめられるのではないでしょうか。

デリケートゾーンを見られるのが恥ずかしい

VIO脱毛が恥ずかしいと感じる最大の理由は、やはりデリケートゾーンを見られることに抵抗があるためですよね。後ほど詳しく説明しますが、それほど露出はないんです。私もそうでしたが、回数を重ねると慣れてきて、気にならなくなりますよ。

ニオイや黒ずみが気になる

デリケートゾーンのニオイや黒ずみが気になり、「なにか思われたら嫌だな……」などと不安になる方もいると思います。それらは個人差があるものですから、あまり気にする必要はありません。
それに、施術者は脱毛のプロです。安全・適切に施術することに集中していますから、患者さまが思うほど気にしていません。

異性のスタッフに施術されないか不安

最近では、性別を問わずVIO脱毛を受ける方が増えています。そのような中で施術者の性別を気にする方も少なからずいらっしゃいます。
男性の場合、生理現象を気にして同性を希望する方も多いようです。

施術者はたくさんの施術を行っていますから特に気にしないものですが、同性がいい場合は事前に確認しておくといいですよ。

皆さんが思っているよりVIO脱毛は恥ずかしくない!

実際にVIO脱毛を受けた患者さまに感想を聞くと「思っていたより恥ずかしくなかった」「配慮してもらえたから大丈夫だった」と言う方は少なくありません。
その理由は、施術時に次のような配慮がなされているからなんです!

ガウンやタオルなどが用意されている

ガウンやタオルなどが用意されている

VIO脱毛ではガウンを着たり、タオルを巻いたりした状態で施術を受けることができます。
レーザーを照射する時に必要な部分だけガウンやタオルをめくるので、露出は最低限に抑えられるんです。

スタッフは慣れているので気にしていない

医療脱毛ならフェミークリニック

医療脱毛の場合、施術を担当するのは医師、もしくは看護師免許を持つスタッフです。
施術者はさまざまな臨床現場を経験していますから、VIO脱毛だからといって特別な感情を持つことはありません!

VIO脱毛の恥ずかしさを軽減!?安心して受けられるポイント

次に、少しでもVIO脱毛の恥ずかしさを軽減するためのポイントをご紹介します。

個室がある施設を選ぶ

カーテンなどで仕切られただけの空間では、他の人に見られないかハラハラして、安心できませんよね。VIO脱毛を受ける時は、壁で仕切られた個室のあるクリニックがおすすめです。
しっかり囲まれた空間ならリラックスして施術を受けることができますよ。

カウンセリング時に不安な点を共有する

施術前のカウンセリングで、恥ずかしさを感じていると伝えるようにしてください。
患者さまの気持ちを理解できれば、スタッフは恥ずかしさや痛みを軽減するような対応がとれます。「こんなこと言ったら嫌がられるかも」なんて思わずに、気になることはなんでも話してくださいね。

施術時の体勢や流れを確認しておく

施術時の体勢や流れなど、わからないことが多いと緊張しますよね。すると、不安や恥ずかしさもどんどん増してしまう可能性があります。
そうならないためにも、事前にVIO脱毛の内容を理解しておくといいですよ。
このあと詳しく紹介しますので、ぜひ続けて読んでくださいね!

VIO脱毛はどんな体勢で行うの?

施術時の体勢は部位によって違いますので、一つひとつ紹介していきます。

Vライン

仰向けに寝て、肩幅くらいに足を広げて行います。

Iライン

仰向けに寝て、片足を立てた状態から外側に倒し、三角形をつくるような体勢で行います。

Oライン

うつ伏せで寝て、足を少し開いた状態で施術します。横向きになり、上になった足の膝を曲げた状態で行うこともあります。

VIO脱毛の施術の流れは?

施術の流れはクリニックによって異なります。とはいえ、大きな違いはないので一般的な流れを紹介しますね。

  1. クリニックに到着したら、まずは受付をします。
  2. 施術室に案内されたらガウンに着替え、ベッドに横になります。
  3. スタッフが全身にタオルをかけ、さらにレーザーから目を保護するためにサングラスやタオルで目もとを覆います。
  4. いよいよレーザー照射。露出が最小限になるようガウンを少しずつずらしながら照射していきます。
  5. 施術が終わったら照射部を冷却し、炎症止めのお薬を塗ったら完了です。

初回は、受付後にカウンセリングがあります。不安や疑問はそこで確認するといいですよ。

フェミークリニックのVIO脱毛は“恥ずかしさ”に配慮しています

フェミークリニックのVIO脱毛は“恥ずかしさ”に配慮しています

大阪梅田・心斎橋・天王寺フェミークリニックのVIO脱毛は、女性スタッフのみが行います。完全個室なので、周囲を気にせずリラックスした状態で受けていただけますよ。
なにより、不安を抱えたまま施術に入ってしまわないよう、患者さまのお話をしっかり伺うことを大切にしています。恥ずかしさについても遠慮なくお伝えくださいね。

本ブログを読んでも恥ずかしさのハードルが越えられないという方は、VIO脱毛をもっと知ってみるのはいかがでしょうか?
当院では無料カウンセリングでVIO脱毛について詳しくご説明しています。相談だけでも構いませんので、お気軽にお越しください!

このページの監修医師

大阪梅田フェミークリニック 院長 川真田 紗也
香川大学医学部医学科 卒業後、香川大学医学部附属病院皮膚科 入局。令和5年12月に大阪梅田フェミークリニック院長に就任。日本皮膚科学会 所属。