VIO脱毛って、ちょっと不安だったり恥ずかしいこともあり、感じてしまったり、濡れてしまうという患者さまも珍しくはありません。特にデリケートな場所なので、気になるのは当然のことです。 
今回は、施術中に感じてしまう理由や対策をスタッフ目線で解説いたしますね。普段なかなか口に出して相談しづらい内容だと思いますので、参考にしてくださいね。

VIO脱毛は感じてしまう?その理由を解説

フェミークリニックは開院から20年以上が経ちましたが、VIO脱毛の際に、感じてしまう方は決して珍しくありません。
とはいえ、不安や施術スタッフがどのように思っているかなど心配になると思いますので、事前に少しでも不安がなくなるように、なぜVIO脱毛で感じてしまうのかを解説いたします。

施術中の刺激が原因

VIO脱毛の施術中、Iラインは特に刺激を感じることがあります。毛根に熱を加える仕組みですが、デリケートなゾーンに刺激が加わると膣分泌液が分泌されて無意識のうちに濡れてしまうこともあります。
特にIラインは皮膚が薄くて神経が集中してるため、他の部分よりも感じやすいと言われています。どちらとも生理現象になるため必要以上に恥ずかしがる必要はありませんよ!

ホルモンバランスの影響

ホルモンのバランスが乱れると、VIO脱毛中に感じやすくなることがあります。特に生理周期の前後は要注意です。女性ホルモンが変動する時期には、刺激に敏感に反応しやすくなります。
また、ストレスや睡眠不足、生活の乱れもホルモンバランスに影響を与える原因にもなるためライフスタイルの見直しも重要です!

緊張や体質も影響する

VIO脱毛は、普段見せない部位を人に見られるため、緊張が直接影響する方も多いです。また皮膚の薄さや先程お話したホルモンバランスなど体質も異なるため、感じ方も当然異なります。

VIO脱毛で感じないためには?

施術中に、感じてしまったり濡れてしまったりすることは生理現象ですので恥ずかしいことではありません。少しでも、何とかしたいという方のために、感じないためにできることを紹介いたしますね。

おりものが少ない時期を選ぶ

おりものは、月経後から排卵日にかけて量が増えます。日ごろから排卵日を把握し、自分の身体のサインを理解することが大切です。例えば、アプリを利用して周期を管理することもおすすめですね。おりものが少ない時期に脱毛を予約することで、感じにくくすることができます。

施術前にVIOを拭く

脱毛の施術を受ける前に、VIOの部分をちゃんと拭いておくと、清潔に保てて施術中に感じにくくなります。脱毛前にVIOをきれいにしておくことは、感染を防ぐだけじゃなく、感じるのを防ぐためにも大切です。施術の前にはシャワーを浴びてから施術を行うと、不安を抑えることができます。

脱毛以外に意識を向けてリラックスする

施術中は、できるだけ他のことを考えるようにしてみてください。VIO脱毛の施術中に『濡れているかも』『感じてると思われてないかな』などと心配しすぎると、緊張でさらに感じてしまうことがあります。たとえば、施術者スタッフとおしゃべりをするのも効果的です。楽しい話題で会話などを楽しむことで、施術のことをあまり考えすぎずに、リラックスした状態で受けることができます

実は考えすぎ!?施術スタッフの本音

美容皮膚科大阪フェミークリニック スタッフ

生理現象反応だと理解している

施術スタッフは様々な患者さまを対応しているため、感じてしまうことは生理現象だと理解しています。ですので、もし感じてしまったり、濡れてしまったりしても、何も思うことはありませんのでご安心ください。

施術に集中している

施術中は、効果を十分に発揮させることや患者さまの痛みの感じ方、安全面などを確認しているので、他のことを気にしている余裕はないというのが本音です。

フェミークリニックのVIO脱毛の取り組み

フェミークリニックのVIO脱毛は“恥ずかしさ”に配慮しています

フェミークリニックでは、施術を行う際に次の画像のようにタオルで覆います。これは、患者さまの不安を取り除くための取り組みになります。
また、施術室はプライバシーに配慮した完全個室です。デリケートゾーンの脱毛も周りを気にせずリラックスして受けていただけます。

\VIO脱毛に不安があるなら、まずはフェミークリニックにご相談ください/

フェミークリニックで施術を担当するスタッフは、全員医療脱毛経験者のため、患者さまの不安な気持ちに寄り添いながらの施術や相談が可能です。
「VIO脱毛が恥ずかしそうで一歩を踏み出せない方」「感じてしまうことが不安な方」など、ぜひ当院の無料カウンセリングにお越しください。VIO脱毛の内容や施術時の配慮についてさらに詳しくご説明いたします!

このページの監修医師

大阪梅田フェミークリニック 院長 川真田 紗也
香川大学医学部医学科 卒業後、香川大学医学部附属病院皮膚科 入局。令和5年12月に大阪梅田フェミークリニック院長に就任。日本皮膚科学会 所属。