医療脱毛をしたいけど、ニキビがあってもできるの?」「医療脱毛をするとニキビ跡が濃くなったり、ニキビが増えるの?」と先日カウンセリングにお越しいただいた患者さまにご質問いただきました。
本記事では、実際にニキビがあっても医療脱毛を行えるのか説明しますね。

ニキビがあるときでも医療脱毛はできる?

二キビがあるときでも医療脱毛はできますが、ニキビの状態によっては注意が必要です。例えば、炎症があるニキビには脱毛ができないことがあります。ニキビの種類や状態を、カウンセリングを行ってから施術を受けることが重要になります。

医療脱毛ができるニキビの状態

ニキビの種類によって、医療脱毛ができるかどうかが変わります。下では、医療脱毛をすることができるニキビの状態を詳しく解説いたします。

白ニキビ

ニキビの種類によって、医療脱毛ができるかどうかが変わります。下では、医療脱毛をすることができるニキビの状態を詳しく解説いたします。

黒ニキビ

黒ニキビは毛穴が開いて、詰まった皮脂が酸化して黒く見える状態です。このタイプのニキビも炎症がないため、医療脱毛を行うことができます。

医療脱毛ができないニキビの状態

次のニキビのある部位は、医療脱毛を行うことができません。
どうしても医療脱毛を行いたい場合は、ニキビを避けて照射するかニキビの治療を優先させましょう。

赤ニキビ

赤ニキビは炎症を起こしている状態で、毛穴の周りが赤く腫れています。この状態で脱毛を行うと、さらに炎症が悪化することがあるため、赤ニキビがある場合は、まずは治療を行い、炎症が治まってから脱毛を考えましょう。

黄ニキビ

黄ニキビは膿がたまっている状態で、赤ニキビよりもさらに炎症が進んでいます。この状態でも脱毛を行うことができません。膿がたまっているときに脱毛を行うと、感染のリスクもあるため、赤ニキビと同様治療を優先しましょう。

ニキビ跡にも脱毛可能

ニキビ跡が残っている場合でも医療脱毛は可能です。ただし、色素沈着がひどい場合やクレーターが深い場合は、施術ができない場合があるので医師に相談しましょう。

脱毛をすることでニキビが減ることも?

毛穴がつまりにくくなる

皮膚を清潔に保つ

脱毛をすると毛が少なくなるため、毛穴が詰まりにくくなります。毛穴が詰まると皮脂がたまりやすくなり、ニキビができる原因となります。脱毛によって毛穴の詰まりが減少し、結果としてニキビが減ることがあります。

自己処理による肌トラブルが減る

カミソリなどを使った自己処理は、肌に負担をかけることが多くあります。これによって皮膚が傷つき、ニキビができやすくなる原因になります。
医療脱毛を行うことで、自己処理の頻度が減り、肌トラブルが少なることで、ニキビが減ることが期待できます。

脱毛でのニキビに関するご質問

Q. 医療でニキビが増えるってほんと?

A. 医療脱毛を行ったことによる、「ニキビが増える」という関連性はありません。
「医療脱毛後にニキビが増えてしまった」という方のケースを聞くと、その症状の多くはニキビではなく「毛嚢炎(もうのうえん)」に該当することが多いです。

詳しくはこちら

Q. 脱毛後にニキビ跡が濃くなる?

A.医療脱毛が原因で濃くなることはありません。むしろ、ニキビ跡が薄くなることがあります。自己処理が減って肌への負担が少なくなり、脱毛によって肌のターンオーバーが早くなるからです。
ニキビ跡の改善は、あくまでも副次的な効果であるため、医療脱毛においてのニキビ跡の改善を期待することはできません。

Q. 医療脱毛とニキビ治療は同時に行えますか?

A. 当院のような医療脱毛を行っている美容皮膚科ではニキビ治療を同時に治療することが可能です。しかし、大手の医療脱毛クリニックでは医療脱毛専門の場合が多く、ニキビ治療と同時に施術することができません。

医療脱毛はフェミークリニックへ

医療脱毛ならフェミークリニックへ

今回は、ニキビがあっても医療脱毛は可能かについて解説いたしました。

フェミークリニックでは、2003年の開院以来20年以上、これまで医療脱毛やニキビ治療などに力をいれており、医療脱毛では40万人以上。ニキビ治療では21万人以上の患者さまの治療にあたってまいりました。

「私のこのニキビでも医療脱毛ができるの?」などニキビの状態などで悩んでいる方は、ぜひ無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にご相談ください。

このページの監修医師

大阪梅田フェミークリニック 院長 川真田 紗也
香川大学医学部医学科 卒業後、香川大学医学部附属病院皮膚科 入局。令和5年12月に大阪梅田フェミークリニック院長に就任。日本皮膚科学会 所属。